ワキガ 脇の臭い 原因 対策 方法

ワキガ(脇の臭い)の原因と対策方法

ワキガ(脇の臭い)の原因と対策方法

ワキガは、正式名称を腋臭症(えきしゅうしょう)といい、日本では人口の約10パーセントの人が脇の臭いを発しているといわれています。
原因は入浴時にきれいに洗わないなどの不潔なことが原因だと思われがちですが、実際には違います。
きれいに洗っても脇の臭いの根本的な解決になりません。

 

ではワキガを改善するためにはどのような対策方法があるのかをみていきましょう。
脇の臭いは鼻をつく強烈なにおいが特徴です。
ワキガは、アポクリン汗腺・エクリン汗腺・皮脂腺といった汗腺類からの分泌物が原因とされています。

 

周囲に漂う強い汗臭さは、エクリン汗腺からの汗の分泌によって皮膚常在菌が増殖することが原因で発生します。
つまり、皮膚常在菌によって汗腺類からの分泌物が分解されて脇の臭いが出るのです。
したがって、ワキガは、アポクリン汗腺の数や分泌量が多いという人にしか発生しない症状なので、脇の下が不潔というだけの問題によって生じるものではないのです。

 

ワキガによる脇の臭いの対策方法としては、制汗剤によって発汗を抑えるのと同時に、こまめに脇の下をタオルなどで拭くことです。
汗腺類からの分泌物が皮膚常在菌に分解されることが臭いの原因なわけですから、分解される前に分泌物をきれいに拭き取っておきましょう。
さらに、消臭剤を併用することで周囲の人に嫌なにおいが届かないようにします。

 

または殺菌剤を使い、臭いの発生源である皮膚常在菌をやっつけてしまうのも一つの対策方法として有効です。

 

スポンサーリンク